読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BorlandがIDE事業を売却

とりあえず、場所だけ用意しておいて何もせずに放置していたら、メガトン級のビッグニュース


こっちでも書いたけど、DelphiC++BuilderなどのIDEは今すぐ無くなるのではなく、まず、IDE部門を分社化。その後、売却先を探すという流れ。当面の間は開発ロードマップ継続される。


で、BorlandニュースグループやBlogを翻訳ソフトの手助けで斜め読みしたところ、おおむね好反応。
まぁ、そうだよね。Borlandは迷走していてIDEをどうしたいのか全然見えなかったのだから。それが、IDE部門を分社化することによって「新会社」はそれで喰わざるを得ない状態。C++BuilderDelphiを愛用しているユーザーとしてはwktk状態でしょう。


でも、ぶっちゃけ、BorlandはTogetherを同化したつもりが、逆に同化されたというのは言わない約束かな?

個人的には「終わりの始まり」になって欲しくないけど、はてさてどうなるか?


追記:
さて、いきなり日記のタイトルを変更せざるを得なくなった。売却によってBorlandのブランド名は使えなくなるのだから。ま、それは変わってからでいいか。