読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第17回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ セッションB2自己フォロー その4:コンポーネントTJvWizardについて

本編では時間が足りなくなりそうなので思いっきり端折ったTJvWizardについての補足。

こいつは、よくあるウイザード画面を実現するコンポーネントでJVCLのインストーラーもこいつを使用してる。
使い方はTPageControlとTTabSheetに近く、TPageControlに「次へ」ボタンなどの制御ボタンが実装されたものと見なせばOK。TPageControlに相当するのがTJvWizardで、TTabSheetに相当するのがTJvWizardWelcomePageとTJvWizardInteriorPage。もう一つの違いはウイザード画面の制御コントロールが3種類ある。

制御コンポーネント 表示形式 「ページ名」として使用する各ページのプロパティ
TJvWizardRouteMapList リスト形式(ページ名一覧を縦に並べる) Caption、Title、Subtitleのどれか。ItemTextプロパティで決定。
TJvWizardRouteMapNodes ノード形式(ページ名一覧をマップ形式で並べる) Title
TJvWizardRouteMapSteps ページ形式(カレントページと前後のページ名を表示) Caption

ページ移動時に発生するイベントがいろいろあるので、その辺を注意すればかなり便利なコンポーネント