読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++Builder 2010 Boost support&RAD Studio 2010 Update 1

C++Builder 2010付属のBoost1.39.0が更新。ただし、インストーラーで提供されてる訳ではなく、アーカイブを展開して、自前でコンパイル。出来たlibファイルを差し替えて、CG_BOOST_ROOTの値を変更する。
テストが通ったのが以下の16種類。

  • algorithm/minmax
  • algorithm/string
  • any
  • array
  • crc
  • disjoint_sets
  • format
  • functional
  • logic
  • property_map
  • signals
  • static_assert
  • system
  • tokenizer
  • tuple
  • utility/swap

"The following are *not* included in C++Builder 2010."となっているのがこれだけ。

  • accumulators
  • bimap
  • flyweight
  • foreach
  • fusion
  • graph
  • interprocess
  • intrusive
  • lambda
  • multi_array
  • multi_index
  • numeric/ublas
  • pool
  • program_options
  • proto
  • ptr_container
  • python
  • random
  • rational
  • scope_exit
  • serialization
  • signals2
  • statechart
  • units
  • wave
  • xpressive

このリストは"*not* included"となっているけどヘッダファイルは存在している。駄目なものリストと見た方がいいかも。
個人的に、graphとserializationとrationalとunitsが駄目なのは痛い。この辺は、新コンパイラ待ちだな。
foreachもリストにあるけど、BOOST_FOREACHとかBOOST_REVERSE_FOREACHはしっかり動くっぽいので、他のもダメ元で試してみるのもいいかも。
あと、randomについては、同等のものがdinkumwareに含んでいるとのこと。

Update 1については、バグ修正はなく、

  • 本製品が All-Access がインストールされている環境で正しく動作するように修正されました。
  • ネットワークライセンスを含むライセンスに関係する重要な修正が含まれました。
  • 将来のアップデートが正しく適用できるようにするための重要な修正が含まれました。
といった変更。データビジュアライザーのC++BuilderでのTStrings対応まだぁ?(AA略