読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UniSynEditをC++Builder/Delphi 2010へインストールする方法

C++Builder Tips ライブラリ・コンポーネント

Unicodeが扱える高機能なエディターコンポーネントunisyneditC++Builder/Delphi 2010に対応したので、その覚え書き。 残念ながら、日本語環境ではそのままインストールできないので以下の手順を踏む必要がある。

アーカイブを公式から落として、アーカイブを適当なフォルダに展開。

C++Builder 2010単体の場合は、

  1. Source\SynHighlighterJava.pasを適当なテキストエディタでコードページUS-ASCIIとして読み込み、UTF-8に変換して保存。
  2. Packages\SynEdit_BCB6.bpkを開いて、プロジェクトをC++Builder 2010用に変換。
  3. プロジェクトオプションの[ディレクトリと条件定義|_TCHARのマップ先]の値をwchar_tに
  4. プロジェクトオプションの[ディレクトリと条件定義|最終出力ディレクトリ]の値を空に
  5. プロジェクトオプションの[Delphiコンパイラコンパイル|コード生成|コードページ]の値を20127(US-ASCII)にする
  6. プロジェクトオプションの[Delphiコンパイラコンパイル|構文オプション|コンパイラに渡す追加スイッチ]に-LUDesignIDEを追加。これは、Base、デバッグ、リリースのすべてに追加。
  7. プロジェクトからvisualclx.bpiを削除
  8. ビルド&インストール
  9. Sourceの下にヘッダファイルが生成されるので、インクルードパスが通っているフォルダにコピーするか、インクルードパスにSourceを追加する。
  10. リソースファイルSynEdit.resを、ライブラリパスが通っているフォルダにコピーするか、ライブラリパスパスにSourceを追加する。

Delphiも持っていたら、Delphi用のプロジェクトを開いて、上記の変更に加えて、 プロジェクトオプションの[Delphiコンパイラ|リンク|リンカ出力]の値を"すべての C++ Builder ファイル(パッケージ ライブラリを含む)を生成"にするとC++Builderでも使用可能。