読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第11回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプB5セッション自己フォロー(その2:TurboPower編)

以下の手順でTurboPowerコンポーネントC++Builder 2009にインストール出来る。(LockBoxとOnGuardは成功)他のコンポーネントも大丈夫かも。

  1. オリジナルのアーカイブを本家からダウンロード
  2. Delphi 2009用アーカイブをダウンロード
  3. オリジナルのアーカイブを展開する。
  4. Delphi 2009用アーカイブを展開したアーカイブにかぶせる。
  5. C++Builder 6用プロジェクトをC++Builder 2009用プロジェクトに変換*1&リネームする。(例:G113_R61.bpk→G113_R121.cbproj)
    プロジェクトのリネームは、プロジェクトマネージャーで変更可能。(*.bplを選択してF2キーでリネーム)
  6. プロジェクトオプションを設定する。
    1. [ディレクトリと条件定義|BPI/LIB出力]の値が空であることを確認。
    2. [ディレクトリと条件定義|最終出力ディレクトリ]の値が空であることを確認。
    3. Delphiコンパイラコンパイル|構文オプション|割り当て可能な型付き定数]の値をTrueにする。
    4. ランタイムパッケージ(*R121.cbproj)は、[情報|用途に関するオプション]の値を[設計/実行時とも使用可能]に変更する。
    5. デザインタイムパッケージ(*D121.cbproj)は、[Delphiコンパイラコンパイル|構文オプション|コンパイラに渡す追加スイッチ]の値に"-LUDesignIDE"が含まれているか確認する。*2
  7. ランタイムパッケージを再構築&インストール。
  8. デザインタイムパッケージのプロジェクトファイルをエディタで開き、参照しているランタイムパッケージのファイル名を変更する。
  9. デザインタイムパッケージを再構築&インストール。
  10. インクルードパスに展開先/Sourceを追加。

成功すると、ツールパレットにTurboPowerのコンポーネントが登録される。

12/18 追記:
Abbrevia、Essentials、Orpheusのインストールも成功。

2009/07/14 追記:
Delphiコンパイラコンパイル|コード生成|コードページ]の値を1252(US-ASCII)にしないとコンパイルエラーが発生する場合がある。
Delphiソースコード中の文字定数をUnicodeに変換して処理しているので、その関係っぽい。

*1:プロジェクトファイルの先頭にライセンスについてのコメントがある場合、その部分を削除してから変換する。

*2:含まれていなければ、Baseだけでなく、デバッグ、リリース全てに追加する。