Solaris 10 (SPARC)をSubversionサーバにする(svnserve使用)

以下の手順でインストールをした。

1.http://sunfreeware.comからパッケージをダウンロード&インストール
2.rootでリポジトリを作成する。

# svnadmin create /home/svn

3.デーモンとして起動するようにする。(参考:http://www6.atwiki.jp/divadiva/pages/38.html
3-1. /etc/servicesに以下の行を追加

 svn    3690/tcp           # Subversion server
 svn    3690/udp           # Subversion server

3-2. /etc/inetd.confに以下の行を追加

svn stream tcp nowait root /usr/local/bin/svnserve svnserve -i -r /home/svn/

3-3. inetconvを実行してSMFSubversionを管理できるようにする。

 # inetconv

確認はinetadmを実行。

# inetadm | grep svn

svnserveが起動しない場合にエラーメッセージを見るには、適当なwebブラウザを開いて

http://サーバ名:3690

と入力する。そうすると、svnserve起動時のエラーメッセージがWebブラウザに表示される。
これ、ポート番号を変えれば他のエラーメッセージも取れるかも。

4. 認証の設定
4-1. リポジトリにあるconf/svnserve.confを編集する。

[general]
anon-access = read    # 匿名ユーザーは読み込みのみ
auth-access = write   # 認証済みユーザーは書き込みOK
password-db = passwd  # パスワードファイル名
realm = MY Repository # リポジトリの説明

4-2. パスワードファイル(conf/passwd)を編集

[users]
a7m = a7mpassword

パスワードファイルには暗号化しないパスワードを記述するので、chmodを使ってアクセス権を制限する。

# chmod 600 conv/passwd


5. ローカル(Windowsマシン)で管理していたリポジトリの移行
5-1.コマンドプロンプトを開いてsvnadminを実行

D:\home\svn> svnadmin dump D:\home\svn > D:\dump070619

5-2.ダンプファイルをサーバーにコピー
5-3.ダンプファイルをインポート

# svnadmin load /home/svn < dump070619


予想よりあっさり動いた。∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい
リポジトリ内の日本語を使用したファイルも問題なし。