読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Delphi Tips

第5回 Delphi talksに参加してきた

この手のイベントに参加するのは本当に久しぶり。楽しい時間を過ごせました。 LTのネタは諸事情により2年3ヶ月ほど塩漬け状態な、コードフォーマッタープラグインネタ。あまり役に立たない、昨日使用したプレゼンを公開します。 ちなみに、プラグインそのも…

RAD Studio XEとF-Secure Internet Security 2011の相性問題

メインマシンのセキュリティソフトをウイルスバスターからエフセキュア インターネット セキュリティ 2011に乗り換えたのだけど、RAD Studio XEを起動すると「使用許諾コードが不正」と判断されてRAD Studioが起動しなかった。 これは、エフセキュア インタ…

Universal Character Set Detector C LibraryをDelphi XEから使用する

C++Builderで試した、Mozillaのエンコーディング自動判別ライブラリである「universalchardet」をDLL化したのをDelphiで動作させてみました。バイナリはhttp://a7m.sakura.ne.jp/SOURCE/universalchardet-CB.7zに用意したもので、C++Builder XE(BCC32.EXE 6.…

TBalloonHint::ShowHintの使い方

TBalloonHint::ShowHintに問題があるみたいで、代替にJVCLのTJvBalloonHintを使うというエントリーを書いたのだけれども、Embarcaderoの高橋さんからコメントがあって、再テスト。自分の勘違いで問題が無いことが確認できたのだけれども、以下の点に注意。 T…

Open Tools API その4:続・ソースエディタへのアクセス ソースエディタの「中身」をいじる

エディタの編集バッファ ビュー(IOTAEditView)のBufferプロパティがソースエディタ内部のバッファで、ソースファイルの中身を編集する。インターフェースはITOAEditBuffer。 ソースエディタが1つのファイルをオープンしている場合、ビューは複数あっても、…

Open Tools API その3:ソースエディタへのアクセス

モジュール モジュールとはIDEがアクセスする抽象的なエディタの組み合わせのことで、Delphi/C++Builderのプロジェクトにおけるユニットに相当。ユニットがソースファイル(*.pas/*.cpp)やヘッダファイル(*.h)、フォームファイル(*.dfm)の組み合わせであるよ…

Open Tools API その2:メニューの差し替えとノーティファイアインターフェース

IDEのメニューを差し替えるには、IDEそのもののサービスであるINTAServicesのMainMenuプロパティを取得する。 これはTMainMenu型なので、通常のメニューにアクセスのと全く変わりなし。 procedure TFilterWizard.DataModuleCreate(Sender: TObject); var i: …

Open Tools API その1:"Hello,World!"を表示してみる

プロジェクトの作成 IDEへのアドオンは、パッケージを作成してそれをIDEに「登録」することで実装される。RAD Studioの場合、[ファイル|新規作成|パッケージ-Delphi]で新規プロジェクトを作成する。Open Tools APIのクラスやインスタンスは通常のプロジェク…

Open Tools API その0:概要

戯言前口上 RAD Studioにコードフォーマッターが実装されても、残念ながら、宗教論争にすらなるC/C++のコーディングスタイルすべてをカバーし切れていないのが不満。ということで、RAD Studioのコードエディタ上からGNU IndentやUncrustifyといった既存のコ…